(予定通り消費税率を引き上げる)与党案でも財政規律は緩んでいるのに、消費増税凍結という野党の主張はさらに無責任といわざるを得ない(20171011社説)
と、増税の凍結を主張する野党を「さらに無責任」と批判。消費増税は予定通り実施すべきとのスタンスです。消費税率引き上げによる増収分を幼児教育の無償化などに充てるという安倍総理が打ち出した方針については、
もろ手を挙げて賛同できる案ではない(中略)真に必要な人に対象を絞り込み、野放図なバラマキを避けるべき(中略)どんな財政健全化の方策を講じるのかを示す責任がある(20170926社説)
財政赤字の削減に充てる予定だった消費税の増税分を財源とするのは、安易なツケ回しという印象がぬぐえない(20171004社説)
などと批判しています。